本文へジャンプページメニューへジャンプ文責へジャンプ

ジェルでクールの 口コミ・感想・比較!

ジェルでクールは「朝までクール」の冷却ジェルの量を減らした廉価版。各ショップの販売ページにメーカーの明記はされていないが、「朝までクールと同じメーカー」とあるので、株式会社オーシンの可能性が高い。冷却ジェルの量が少ないということで、ひんやり感の持続時間は当然短くなる。とにかく安くと言う方や、寝入るときに冷たければよしという方には良いかもしれない。

低反発タイプ
» 低反発タイプと液体タイプの違い

楽天 楽天で「ジェルでクール」を比較!
amazon amazonで「ジェルでクール」を比較!

ジェルでクールの感想

使用感のまとめを近日中にアップする予定です。

ジェルでクールを使ってみた感想を、近日中にアップします。

ジェルでクール 独自の特徴

ジェルでクール独自の特徴などをピックアップ!
冷却ジェルの説明など、全商品に共通の情報については、「冷却ジェルパッドに関する情報」をお読みください。

「朝までクール」の姉妹品、廉価版。

「ジェルでクール」は「朝までクール」の冷却ジェルを減らした廉価版。「朝までクール」の価格は高いと言う声や、他のメーカーもどんどん参入してきているのが販売開始の理由なんでしょうね。

使い始めの10分は、朝までクールとほとんど変わらないひんやり感。

クールマットの本体である冷却ジェルが少ないということで、「ひんやり感」はどうしても落ち、マットの温度上昇速度は早いです。ただ、寝始めてしばらくの涼感は朝までクールとほとんど変わらないということなので、「寝入ってしまえばなかなか起きない」という方には良いのではないでしょうか。

朝までクール用のカバーが使えます。

サイズ展開は「朝までクール」とほぼ同じ(座布団がないだけ)ということで、朝までクール用の専用カバーが使えます。

ジェルでクール サイズ展開と価格

※ 当サイトの管理人が2009/5/2に調べた市場価格です。価格は変動します。あくまで目安であることご了承ください。

» 上記市場価格はこだわり安眠館(楽天)の価格を参照しました(2009/5/2調べ)。
» ジェルでクールを販売しているショップ一覧

ジェルでクール(単品) サイズ展開と価格

サイズ

サイズ(cm)

税込定価

市場価格

重量

(参考)同サイズの朝までクール

市場価格

重量

シングル

90×180cm

16,485円

13,188円送料無料

8.5kg

16,980円

10.0kg

セミシングル

90×140cm

13,986円

11,188円送料無料

6.6kg

14,490円

7.8kg

ハーフ

90×90cm

8,988円

7,190円

4.3kg

9,450円

5.0kg

プチシングル

90×60cm

6,993円

5,594円

2.8kg

7,490円

3.3kg

ダブル 140×180cm 26,481円 21,184円送料無料 13.2kg 26,980円 15.6kg
枕用 30×45cm 3,990円 3,192円 0.71kg 4,490円 0.83kg

ジェルでクール 口コミから

ネット上の口コミから、どのような評価や感想があるのかを集約しました。

プラス評価の口コミ

  • 準備中

マイナス評価の口コミ

  • 準備中

ジェルでクール 販売店

「ジェルでクール」を販売しているネットショップを紹介しています。

楽天 楽天で「ジェルでクール」を比較!
amazon amazonで「ジェルでクール」を比較!

こだわり安眠館(楽天)
快眠グッズをたくさん取り扱われているショップさんです。
ヤー・ヤー・クリエイティブ(楽天)
ジュエリー・ファッション・インテリア・寝具・グルメの個性派ショップ, 価値ある商品をご提供。

上記リストに貴店サイトのリンクを掲載しませんか? 当サイトと相互リンクしていただけるジェルでクールの販売店様はフォームよりご連絡ください。 » 相互リンク依頼フォーム

夏の快眠ブログ 最新記事

冷却パッドがニュースで紹介されました。

冷却パッド(ジェルマット、クールマットなど様々な呼び方がありますが、基本的に同じ者を指します)をテレビや雑誌で見かけることが多くなりました。 先ほども毎日放送のニュース番組「VOICE(18:05〜18:45)」内で、「冷却パッド」として紹介されていました。 冷却パッドは、電気を使わずに体感温度を下げ、クーラー代も節約できるということで、エコが流行となっている今の時代にぴったりなのでしょう。 この夏は、一気に認知度が高まり、人気商品になると推測されます。 このサイトで紹介している冷却パッドは、運営者がすべて自分自身で試しましたが、どの商品もひんやり感が確かに得られます(ただし、熱帯夜は事前に冷

最近記事一覧

記事一覧を見る

▲ このページの先頭に戻る