2009年6月アーカイブ

冷却パッド(ジェルマット、クールマットなど様々な呼び方がありますが、基本的に同じ者を指します)をテレビや雑誌で見かけることが多くなりました。

先ほども毎日放送のニュース番組「VOICE(18:05〜18:45)」内で、「冷却パッド」として紹介されていました。

冷却パッドは、電気を使わずに体感温度を下げ、クーラー代も節約できるということで、エコが流行となっている今の時代にぴったりなのでしょう。
この夏は、一気に認知度が高まり、人気商品になると推測されます。

このサイトで紹介している冷却パッドは、運営者がすべて自分自身で試しましたが、どの商品もひんやり感が確かに得られます(ただし、熱帯夜は事前に冷却パッドを涼しい場所に置いて冷やしておくことが必要です)。後は使い勝手や使い心地でお好みの商品をお選びいただければと思います。

涼感ジェルマットを初めて使った感想です。
他の低反発クールマット朝までクールや、ひんやりジェルマットも体験した後にこの記事を書いています。
あくまでも、私個人が感じた感想です。特に寝心地などは、人それぞれ好みがあるものなので、ネット上に数ある口コミの1つとして参考いただければと思います。

セッティング

平べったい梱包でした。包装を開けると、ビニールと布の収納ケースにジェルマットが入ってます。手に持つと、ジェルの柔らかさで少しグニャッとなるので持ちにくさを感じました。ファスナーを開け、商品を取り出します。

涼感ジェルマット ケース 涼感ジェルマット 折りたたみ時

収納ケースに入っていた厚紙の説明書です(クリックで拡大)。
涼感ジェルマット 説明1 涼感ジェルマット 説明2

ジェルは4つ折りになっています。布団の上に置き展開、簡単にセットできました。右の写真は、涼感ジェルマットのカバーに付いているタグです(クリックで拡大)。
カバーは中国製、中の冷却ジェルは日本製とのこと。
涼感ジェルマット 涼感ジェルマット タグ

使ってみた感想

まず、他の商品と比べると臭いがしないのが良いなと思いました。
寝転んだ感触ですが、ジェルが柔らかさは、朝までクールより固く、ひんやりジェルマットよりも柔らかいです。厚みがあり、ジェルが結構しっかりして、適度な固さがある感じです。寝心地は悪くないと思いました。仰向けでじっとしてると、背中がひんやりしてきます。重量は結構あるので、寝ている間にずれたりということはないでしょう。

今回、90×90cmのシングルハーフサイズを使ったのですが、冷却ジェルが4つに分かれており、無理なく4つ折りができるようになっています。ただ、4つ折りした状態で持ち運びをしようとすると、ジェルが結構柔らかいためグニャッとなってしまい持ちにくいです。なので、さらにもう一回折って8つ折り状態にすると、コンパクトで持ち運びやすくなりました。(※ 保管するときは、折り目以外で折らないようにと説明書に書いているので、8つ折りは一時的に持ち運ぶときだけにしておいた方が良いかもしれません。)取扱いやすさは、朝までクール以上、ひんやりジェルマット以下といったところです。クールマット商品は、熱帯夜のような温度の高さでは効果が弱まる商品なので、持ち運びのしやすさは結構重要だと思います。
あと、始めから専用カバーが付いているのは良いと思いました。サイドにファスナーが付いていて、冷却ジェルは簡単に取り出せます。

涼感ジェルマット 折りたたみ時2 涼感ジェルマット 冷却ジェル

涼感ジェルマットは、ジェルの柔らかさも、収納のしやすさも朝までクールひんやりジェルマットの中間に位置する商品だなというのが今回の感想です。

もっと暑くなってからの使用レポートをまた書きます。

ひんやりジェルマットを初めて使った感想です。
他の低反発クールマットひんやりジェルマット涼感ジェルマットも体験した後にこの記事を書いています。
あくまでも、私個人が感じた感想です。特に寝心地などは、人それぞれ好みがあるものなので、数ある口コミの1つとして参考いただければと思います。

セッティング

長細い段ボール箱を明けると、紙芯にクルクルとジェルマットが巻かれています。
朝までクール 箱 朝までクール 巻き

巻いてあるクールマットを伸ばし、布団の上にセットしました。右の写真は、ジェルマットに付いているタグです(クリックで拡大)。
朝までクール 朝までクール タグ

この時点で気になったことが一つ。
細い紙芯にクルクルと巻かれていたため、ジェルマットが凹凸だらけになっています。手で慣らそうとしても、ボコボコは全然取れません。使い続けると、ましになっていくのかも知れませんが、見た目が悪いなと思いました。
朝までクール ジェルの凹凸1 朝までクール ジェルの凹凸2

使ってみた感想

寝転んでみたところ、ジェルの凹凸は気になりませんでした。ジェルが柔らかいからです。寝心地はよいと思いました。ひんやりジェルマット涼感ジェルマットと比べると、一番柔らかい低反発クールマットです。仰向けで寝ていると、背中がひんやりします。
この記事を書いている6月中旬では実感はできませんが、ひんやりジェルマットと比べると、ジェルの量が多いので、冷却力と持続力は期待できます。

【シングルハーフサイズの冷却ジェルの重量】
 ・ひんやりジェルマット:3.5kg
 ・朝までクール:5.0kg
 ・涼感ジェルマット:6.15kg

あと、すこし科学的な臭いがしたのは少し気になりました。スーっとするような感じの臭いです。ひんやりジェルマットに比べると、臭いはまだ弱いです。しばらく置いて置くと消えるかもしれませんので、しばらく外に出しておいて様子をみることとします。結果は近日中に報告します。

収納

朝までクールは、他のクールマット商品に比べ、収納が難しい商品だと思いました。
収納袋が付いているのですが、これに入れるためには紙芯にジェルマットをクルクルと巻き付けていれなければなりません(右の写真)。布団の上げ下ろしの際、毎日これをするのは面倒くさいです。冷却ジェルもまたボコボコの凹凸が出そうなのもマイナスです。他に良い方法がないかと試してみました。まずはタテに折って、横に折って、さらにタテに折っていきます。朝までクールのジェルは、しきりや折り目のない一枚のジェルなので、2回、3回と折ると、折った角の部分のジェルに負担がかかります(左の写真、赤丸の部分)。なので、この方法も良いとは言えません。

朝までクール 収納1 朝までクール 収納2

横にのみ折っていく方法も試してみました。最終的に細長くなります。
ジェルに多少の凹凸が出るのは避けれないと思いますが。
私はこの状態で押し入れに放り込むのがベストなんじゃないかなと思いました。
ただ、シングルハーフサイズで収納に悩んだので、シングルフルサイズなどもっと大きいサイズはさらに扱いにくいだろうなと思いました。

朝までクール 収納3

朝までクールは、見た目はショップの写真のようにきれいな面にはならず凹凸が出ました。しかし、凹凸があってもジェルが柔らかいので、寝心地はよいです。固いのが苦手、柔らかいのが好きという方は、朝までクールがオススメだと思います。
収納のしやすさついては、一通り比べた結果、他のクールマット商品に劣ると思いました。

もっと暑くなってから、また口コミ記事を書く予定です。

ひんやりジェルマットを初めて使った感想です。
他の低反発クールマット朝までクールや、涼感ジェルマットも体験した後にこの記事を書いています。
あくまでも、私個人が感じた感想です。特に寝心地などは、人それぞれ好みがあるものなので、数ある口コミの1つとして参考いただければと思います。

セッティング

梱包は他のクールマット商品に比べてコンパクトです。
小さいけど重量はそれなりにあり、ずっしり感じます。
(右の写真の専用カバーは今回のオマケ。基本別売です。)

ひんやりジェルマット梱包 ひんやりジェルマット箱外観

箱の説明書、中に入っている説明書、品質タグです(クリックで拡大します)。

ひんやりジェルマット 箱説明 ひんやりジェルマット説明書
ひんやりジェルマット タグ1 ひんやりジェルマット タグ2

布団へのセッティングは、とても簡単でした。今回はカバーなしで使用してみました。蛇腹に折畳んだ状態のひんやりジェルマットを拡げていきます。感触は、結構固めの板のような感じです。簡単にセットできました。朝までクールや、涼感ジェルマットはグニャッとした柔らかい感じなのと対照的だと思いました。グニャッと曲がらず、しっかりとした固さがあるので、パタパタと気持ちよく拡げることができました。

ひんやりジェルマット 折りたたみ ひんやりジェルマット

使ってみた感想

まず、油性マジックのような臭いがしたのがとても気になりました。結構強い臭いです。もしこのままこの臭いが消えないのなら、このジェルマットの上で寝るのは不健康な気がします。しばらく置いて置くと消えるかもしれませんので、しばらく外に出しておいて様子をみることとします。結果は次回に報告します。

【追記】
匂いは使っているうちに消えました。メーカーであるヒラカワコーポレーションのサイトによると(当該箇所を読みたい方はこちら)、人体への害はないとのことです。

寝転んだ感触ですが、朝までクール涼感ジェルマットと比べて明らかに固いジェルなので寝心地はどうかなと思ったのですが、いざ試してみると寝心地は悪くありません。こっちの方が好きな人もいるかも(この辺は好みですね)。仰向けになってじっとしてると、背中がひんやりしてきます。それなりに重量があるので、寝ている間にずれたりということはなさそうです。

この感想を書いているのは6月中旬でまだ暑くはないので、冷却力や持続力の違いなどの実感はできませんでしたが、下記の通り、他の低反発ジェルマットに比べてジェルの重量が少ないので、冷却力と持続力が劣るのは否めないと考えます。

【シングルハーフサイズの冷却ジェルの重量】
 ・ひんやりジェルマット:3.5kg
 ・朝までクール:5.0kg
 ・涼感ジェルマット:6.15kg

しかし、逆にジェルの重量が少ないためコンパクトで扱いやすいとも言えます。
パタパタと折畳むと、とても扱いやすい小ささになります。グニャッとしないので、持ち運びも楽です。
低反発ジェルマットの中で、一番取り扱いしやすいのは、間違いなくこの「ひんやりジェルマット」だと思いました。

ひんやりジェルマット 折りたたみ時

暑い夏には機能的に他のジェルマット商品に比べて物足りないかもしれませんが、一番取扱いが楽なのがこの「ひんやりジェルマット」だと思いました。

もっと暑くなってから、また感想を書きます。

ネットの口コミ、参考にする?

今朝の日経新聞に、「ネットのクチコミ 参考にする?」という記事がありました。

結果を見ると、やはりネット上の口コミを参考にする人は多いようです。ただ、しっかりと疑いの目を持って見ている方も多いようです。

当サイトも、アフィリエイトを利用しています。
しかし、ただショップに誘導して収入を得ようとするのではなく、来訪者様のお役に立てる意義のあるサイトにしたいと思っています。

ジェルマット商品は色んなメーカーから出ていて、名前も似通っているし、サイズ展開もわかりにくく比較検討しにくいと思います。なので、まとめサイトを作ったら需要があるだろうと考えたのが、当サイトを始めようと思ったきっかけです。情報をなるべくわかりやすくまとめ、参考にしていただく情報の一つとしてお使いいただければと考えています。

感想文(商品レビュー)は、ちゃんと商品を購入し、実際に試した上で書きます。
ただ、私の感想文は、あくまでも私の主観的な意見です。
普遍的な意見ではなく、個人の意見の一つとして受け取っていただければと思います。
合わせて、Amazonや楽天(買ってない人の口コミも混ざっているので、Amazonより信憑性が低いと思いますが)の口コミをご参考いただくことで、より客観的な口コミをお調べいただけます。

ひんやりジェルマットを購入しました。
口コミや感想を扱うサイトの運営者としては、そろそろ手に入れておかなければなりません。結構高い商品なので、安い店を探します。

単純に一番安い店は多分ここ。
90×90cmサイズが税込・送料込で7,980円(6/5現在)。
 TAKEYAオンラインショップ

しかし、購入したのは、メーカーの直販であるこのショップ。
 PARRTON(楽天)
90×90cmサイズが税込・送料込で8,800円。ポイントを書くと楽天ポイントが10倍の880ポイント(880円相当)付加される。さらに、先着100名には専用カバーが付くので、お得感は一番高いと思います。

ジェルマットが届いたら、さっそく使用して、感想を書きたいと思います。

スペースアイスシートひえひえを初めて使った感想です。他のクールマット朝までクールや、涼感ジェルマットも体験した後にこの記事を書いています。
あくまでも、私個人が感じた感想です。特に寝心地などは、人それぞれ好みがあるものなので、数ある口コミの1つとして参考いただければと思います。

夜はまだ肌寒いです。なので「スペースアイスシートひえひえ」もなかなか出番がなく、ずっと箱に入れたまま置いている状態でした。
先日、昼寝をする時に少し暑かったので、2時間ほど使用してみました。そのときの感想です。試したサイズは「スペースアイスシートひえひえ シングルショートサイズ(94×100cm)」です。

まず、箱と箱の中はご覧の通り。
スペースアイスシートひえひえの箱と中身
大きい箱の割に、中はスカスカでした。シングルフルサイズなどの大きなサイズと兼用だからかもしれません。

シーツの横から、中に冷却ジェルをセットして使います。
シーツの中が折り返しの袋状になっていて、冷却ジェルの端をその部分に引っ掛けて固定しするのですが、これはちょっと頼りない気がします。
シーツを持ち上げるとすぐに冷却ジェルがシーツから外れ、グシャッと片寄ってしまいました。
スペースアイスシートひえひえ 固定バンド

冷却ジェルを一つ一つセットし直し、布団にセットします。
固定用ゴムバンドが付いているのですが、付けるのも外すのも面倒なので、そのまま置きました。
スペースアイスシートひえひえの設置

セット完了。固定ゴムの収縮でグニャッとなりますが、気にしないことにして、横になります。

とても薄い綿のシーツの下に、とても分厚いビニールを敷いたような感触だと思いました。体を動かすと、ギュッギュッとビニール特有の音がします。新しいからか、少し薬品的な臭いもしました。使っているうちに消えてくれればいいのですが。
仰向けに寝転んで、しばらくすると確かに背中がひんやりしてきました。クール感は確かにあります。
2時間ほど眠りましたが、少しでも体を動かすごとにビニール感を感じるのが気になりました。私は熟睡するには少し慣れる必要がありそうです。

まだそんなに暑くはないので、もっと暑くなってからの口コミを後日改めて書くつもりです。

「朝までクール」は、先日、東急ハンズやロフトの売り場で実際に触り観察してきました。しかし、実際に使用してみないと感想は書けません。クールマットの口コミサイトの運営者としては、購入するしかありません・・・結構高い商品なので躊躇していたのですが、買うことに決めました。クールマットは安くないので、全種類揃えようとすると結構な金額になります。もちろん、安いところを入念に探します。

で、6/5現在、一番安いのは多分ここ。
お役に立ちます快眠館のおふとん(楽天)

朝までクールのハーフサイズ(90cm角)が、税込7,550円(税抜だと7,190円)。
送料680円、代引料金込み。6/10 AM:8:00までは楽天ポイントが10倍付きます。
合計8,229円(楽天付加ポイント:710ポイント)
税込10,500円以上で送料無料なので、もっと大きいサイズなら送料はかからないですね。

商品が届いたら、昼寝でもしてみて感想を書くつもりですが、
梅雨もまだですし、超暑い夜の口コミレビューが書けるのはもう少し先ですね。

購入を迷われている方は、amazonのレビュー(かなり辛口ですね^^;)や、楽天のレビュー(各店舗で見れます)を見たり、東急ハンズやロフトに足を運んで触ってみるのが良いかもしれません。

心斎橋に出る用事があったので、ロフトと東急ハンズの寝具売り場に立ち寄った。
徐々に暑くなる季節ということで、夏物寝具が並び始めている。
冷却ジェルマットも・・・やっぱりありました。

ロフトで売っていたのは、「朝までクール」と「ひえひえマット」。
ひえひえマットという商品は初めて見たが、塩化カルシウムを使用した接触冷感マットとのこと。触ると砂っぽいものが入っているような感触だった。中身がジェルではないので、「ジェルマット」とは言えないかもしれない。

東急ハンズには、もっとたくさんの種類のジェルマットが売られていた。
朝までクール」「クールウォーターパッド」「スペースアイスシートひえひえ」「ジェルクーリングパッド」・・・ジェルマットではないが、「エアコンマット そよ」という敷きパッドの中にファンで空気を循環させる寝具も売っていた。

夏の不快さを和らげる、悩み解決型の商品なので、やはり売れるジャンルなのだろう。
実際手に触れることができたので、興味深かった。

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。